ールアドレス公開によるスパムを抑える方法

メールアドレス公開によるスパムを抑える方法Webデザイン・テンプレート集

メールアドレスをプレーンな状態でサイトに掲載していると、スパムが来る!とメールアドレスを画像化したりしているサイトを見たことはありませんか?
スパムメールの仕組みとしてはアドレスを収集するWeb上のロボットが、メールアドレスとして認識できるテキストを集めて業者が悪用しているのです。
ただ、スパムを避けるために画像化してしまうのもどうでしょうか。せっかくクリックでメーラーが立ち上がる便利な仕組みがあるのにもったいないですね。
そこで、メールアドレス収集ロボットにメールアドレスとして認識されにくくなる手法の紹介をします。 あくまで「メールアドレスとして認識されにくくなる」ですので、完璧な手法ではありませんが、そのままサイト上にメールアドレスを公開しているよりかは安全です。


  1. メールの暗号化の手法はエンティティ化といいます。 そのサービスをしている「HTMLエンティティ化」に行きます。
    「HTMLエンティティ化」のサイト
  2. 「エンティティ化するテキスト」にaタグの中に入れる「mailto:メールアドレス」を入れましょう。
    そして変換ボタンを押します。オプションは「入力文の半角スペース、タブ、改行を除去する」「エンティティ化する・しない文字を無作為に選ぶ(チェックしないときは全てエンティティ化)」両方にチェックを入れておきます。
    エンティティ出力形式は「10進法」「16進法」「10進/16進の混合」どれでもいいです。

  3. 「エンティティ化されたテキスト」に出力された値をaタグに入れましょう。

    これを変換すると下のようになります。

    ランダムでエンティティ化されていない文字が残っていますね。
  4. aタグに変換した文字を入れてみましょう。

    こうなります。
    タグでマーキングされた部分も同じ調子でエンティティ化するといいでしょう。

    このようになります。
  5. ブラウザで見るとキチンと読める文字として見えます。
    クリックするとメールソフトが立ち上がり宛先にはmailtoに入れたアドレスが入力されています。
    ここをクリックするとメールソフトが開くよ。
メールアドレス公開によるスパムを抑える方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です